10/22 畝作りと親株の定植

今回の圃場実習では、講師の伊藤さんの指導のもと、収穫した株の掘り上げと収穫した株を親株として定植する作業に挑戦しました。
伊藤さんは「次年度の小菊栽培に使用する穂を確保するために、今回掘り上げた収穫株を親株として植えます。たくさん採穂するためにも収穫株の掘り上げ時は、できるだけ根を傷めないように行ってください」とアドバイスしました。
研修生は「次年度に向けてたくさんの良い穂を確保するためにも、一生懸命育てていきたい」と話しました。

2020-12-01T09:35:21+00:002020/12/01|