11/17 より良い事業運営を SS利用者懇談会

燃料部は、今年度2回目となるSS利用者懇談会を開催しました。
はじめに高橋燃料部長が、「皆さんの積極的な意見をいただきたい」と挨拶しました。
出席した11名の利用者からは、「形原SSの出口の看板の位置が変えることはできないか」と設備に関する意見や「年配の運転者には特に来店時のブレーキランプ確認を実施して欲しい」や「高速道路のパンク事故を耳にするので、来店時のタイヤの状況確認などの安全確認を実施すれば、利用者に喜ばれるのでは」などのJA=SSをより身近に感じていただけるための提案などが出され、有意義な懇談会となりました。

2019-12-02T11:25:06+00:002019/12/01|