JAニュース

6月20日・21日 不動産市を開催

資産管理センター「不動産市IN蒲郡」を開催しました。
不動産市では、JA分譲地や蒲郡市内全域の新着不動産物件情報を一挙に公開。リフォーム展示コーナーではプランニングや見積もり相談に応じ、2日間で11組24名と多くの方にご来場いただきました。
来場者から「購入する場合の諸費用」や「条件交渉」などの質問
に、宅地建物取引士・住宅ローンアドバイザーである職員が「疑問に思ったことは何でもご相談ください」と要望を聞きました。
また、来場プレゼントとして農業応援チケットや旬の農産物を進呈し、好評いただきました。

 

2020-07-31T10:16:27+00:002020/08/01|

7月17日・18日 見て、相談して ガス器具展示会

 

ホームエネルギーセンターは「ガス器具ふれあい展示会」を開催しました。ビルトインコンロやテーブルコロ、炊飯器、給湯器など展示会用の商品が数多く並べられ、会場がにぎわいました。
コンロの買い替えを検討している来場者は「現物を見ながら、丁寧に説明してもらえて良かった。この機会に買い替えようと考えています」と話しました。

 

2020-07-31T10:29:50+00:002020/08/01|

6月~ 早期発見人間ドック

JAの集団人間ドック健診が6月12日から始まり、7月3日まで当JAの各施設で計10回実施しました。新型コロナウイルス感染予防のため、換気やアルコール消毒を徹底。生活指導センターでは「病気の早期発見には、無症状のうちから定期的な健康診断を受診することが大切」と健康診断の必要性を呼びかけています。
また、健康診断後は希望者に対し、厚生連のスタッフから結果の説明や個別相談・指導を受け、利用者は「生活習慣を見直すきっかけとなった」と話しました。

 

2020-07-20T10:21:49+00:002020/07/01|

6/10~ ラジオで蒲郡温室みかんをPR

蒲郡温室みかんの最盛期に向けてラジオ各局でPR活動を行いました。
6月10日にはFMいわきに内田柑橘組合長が、6月22日にCBCラジオに近藤宏行さんが出演。また、6月23日に東海ラジオに出演した千賀雅己さんは「とろける甘さで美味しい蒲郡温室みかんをぜひご賞味ください」とリスナーにPRしました。
また、7月毎週月曜日9時44分頃、東海ラジオで生産者による蒲郡みかんのPRをします。

 

2020-07-20T10:21:07+00:002020/07/01|

6/2 蒲郡東部小2年生が、グリーセンター蒲郡で苗を購入

蒲郡東部小2年生の児童が、グリーンセンター蒲郡を訪れ、野菜の苗を購入しました。小学校では、授業の一環として、苗から野菜を育てることで、食の大切さを学びます。
グリーンセンター蒲郡の職員が野菜苗の選び方や育て方について説明すると、児童たちは真剣に聞き入っていました。
引率の先生は「普段何気なく食べている野菜を実際に育てることで、食の大変さを学んでほしい」と話し、児童らは「はやく大きくなってほしい」「収穫するのが楽しみ」と笑顔で話しました。

 

2020-07-20T10:20:08+00:002020/07/01|

6/11 大塚SSで車両火災を想定した消防訓練

Jセルフ大塚SSで、消防訓練を行いました。スタッフが少ない勤務体制時に、給油時の車両火災が発生したと想定。職員が通報や避難誘導を迅速に行い、出火した車両に見立てた車に水消火器を使って消火活動をしました。
訓練後、蒲郡消防本部職員は「引き続き安全確保を心掛けてください」と話し、燃料部の高橋部長は「実際に火災が起きた時は、訓練したことを思い出し、落ち着いて迅速に対応してほしい」と職員へ呼び掛けました。

 

2020-07-20T10:19:14+00:002020/07/01|

5/26 輪菊を利活用 フラワーアレンジメント

 

JA蒲郡市は、管内で生産される輪菊を使用したフラワーアレンジメントをJA蒲郡市本館と蒲郡市役所などの公共施設に設置しました。新型コロナウイルス感染拡大に伴うイベントや冠婚葬祭の自粛などで価格が低迷した県産花き、つま物農家に対する県の支援を活用したもので、管内の生産者から、輪菊や小菊、バラなどを調達し、市内で華道教室の講師をしている尾﨑泰惠さんに依頼。尾﨑さんは「声を掛けてもらえてうれしい。暗い話題が多いので、少しでも花を見て明るい気持ちになってもらえたら」と話しました。

 

2020-07-20T10:07:17+00:002020/07/01|

4/15 「あふれる甘さ こぼれる笑顔」蒲郡温室みかん収穫はじまる

蒲郡温室みかんの販売が4月20日より始まりました。品種は宮川早生で、柔らかい内袋と、甘くてジューシーな果肉、紅の濃い絹肌の外皮が特徴です。
15日に収穫を行った尾崎恭啓さんは「食味・外観ともに満足できるレベルに仕上がっている。甘みも抜群で、一人でも多くの人にこの美味しさを伝えたい」と手ごたえを感じています。営農販売部では「生産者の努力により、MS果主体の高品質な果実が生産された」とPRしています。
今年産は、94戸の生産農家が1,310tを出荷予定。全国トップブランドとして名古屋や岐阜、京浜をはじめ、北陸や東北など18市場に出荷します。お中元需要期の7・8月に最盛期を迎え、9月下旬まで消費者にお届けします。
グリーンセンター蒲郡とAコープかたはらでは、選果場直送の温室みかんを取り扱っています。ぜひ、ご賞味ください。

 

 

2020-06-02T15:36:16+00:002020/06/02|

4/3 映画「空白」へ みかんとイチゴを差し入れ

2021年公開予定の映画「空白」の撮影が蒲郡市内各地で行われ、当JAの鈴木組合長が部会を代表して「樹熟デコポン®」と「サンベリー蒲郡」の差し入れをしました。
撮影の合間に、監督・脚本を務める吉田恵輔さんへ鈴木組合長より手渡し、差し入れを食べたキャストやスタッフからは「美味しい」と喜びの言葉をいただきました。

 

 

2020-06-02T15:37:34+00:002020/06/02|

4月~ 「ハウス南津海」収穫始まる

令和元年産「ハウス南津海」の収穫が始まりました。
南津海は、カラマンダリンと吉浦ポンカンを交配した品種です。手で容易に果皮がむけ、飛び抜けた甘さが特徴。「甘い」「むきやすい」「たべやすい」の3拍子揃った品種です。
営農販売部では「例年通り糖度が高く高品質に仕上がっている」と期待しています。
生産者の千賀雅己さんは「南津海特有の“濃い味”をぜひ味わってほしい」と自信を見せました。
令和元年産は44戸の生産農家が、約100tの出荷量を予定しており、5月上旬頃ま
で、中京・京浜、北陸地区を中心に出荷します。

2020-04-30T14:10:20+00:002020/05/01|