JAニュース

12/3・6 BSフジ「からだ研究所」が蒲郡に

BSフジで毎週木曜日に放映している「からだ研究所」に、蒲郡で柑橘農家を営む蒲郡柑橘同志会の近藤幸宏さんが出演しました。
「からだ研究所」は、全国の笑顔が素敵で元気な中高年の方に、仕事の楽しみ方とプライベートの趣味について語り、健康についてのヒントを届ける番組です。普段の農作業の様子を撮影し、健康について話されました。

2021-01-04T10:34:07+00:002021/01/04|

12/1 蒲郡の農業情勢を伝える 蒲郡市長との会合

JA蒲郡市の役職員は、蒲郡の農業の今を伝えるため、蒲郡市長との意見交換会を開催しました。同会は定期的に開催するとしており、今回は当JAの選果場を見学しました。
選果場で働く職員や選果風景を見学した後、意見交換会が行われ、鈴木組合長は「蒲郡の農業情勢を知ってもらうことで問題点を共有し、市とJAで協力して蒲郡市を盛り上げていきたい」とあいさつ。それを受けて鈴木市長は「市にとっても農業は重要な産業。今後も意見交換会を重ね、農業の発展につなげていきたい」と話しました。

2021-01-04T10:30:21+00:002021/01/04|

11/14・15 不動産市IN蒲郡を開催

資産管理センターは今年度2回目の不動産市IN蒲郡を開催しました。
不動産市では、新着の売地物件や中古住宅を多数公開。不動産コンサルティングマスターや宅地建物取引士の資格を持つ職員が来場者のニーズに合わせた資金計画や住宅ローンのアドバイス、購入検討物件の具体的な売買条件等の相談を行いました。
また、来場者には農業応援チケット、新規登録者には産直野菜詰合せのプレゼントがあり2日間で15組28名にご来場いただきました。

2021-01-04T10:25:38+00:002021/01/04|

11/23~28 コロナに負けるな!デイ形原で運動会を開催

デイサービスセンター形原は、施設利用者に楽しんでもらえるよう運動会を開催しました。赤、白のチームに分かれ、代表者より選手宣誓を行い運動会はスタート。競技種目は玉入れと玉転がし、ボール送りの3競技で、マスクの着用や、使用したボールは競技前と競技後には消毒するなど、新型コロナウイルス感染防止対策を徹底し、相手のチームに負けないよう利用者の真剣な表情が見られました。
表彰式では、優勝チームにおせんべいで作ったメダルを、準優勝のチームには少し小さめのクッキーで作成したメダルをそれぞれ授与しました。参加した利用者は「玉がなかなか入らなかったが、とても楽しかった」と笑顔で話しました。

2021-01-05T13:36:44+00:002021/01/04|

11/24・12/3 ラジオで蒲郡みかんをPR

蒲郡みかん「早生みかん」と「箱入娘」の収穫・出荷の最盛期をむかえ、ラジオ各局でPR活動を行いました。
11月24日に柑橘同志会の高橋昌利さんがCBCラジオ「つぼいノリオの聞けば聞くほど」に出演し「今年も早生みかんの出荷最盛期となりました。大事に育てた、甘くて美味しい箱入娘もぜひどうぞ」と呼びかけました。
12月3日に柑橘同志会の鋤柄孝聡さん、近藤宏行さんが東海ラジオ「とびこみマイク」のコーナーで蒲郡みかんと箱入娘について話し、リスナーに向けて「甘みと程よい酸味のバランスが絶妙で美味しい蒲郡みかんは贈り物に最適です。ぜひどうぞ」とPRしました。

2021-01-04T10:17:11+00:002021/01/04|

12月~ 加工用みかん集荷

営農販売部は、蒲郡みかんジュースやお菓子などに使用する加工用の早生みかんを集荷しました。集荷後は、果汁を搾ってジュースにするほか、パウダー状にしたものをケーキやお菓子作りに使用します。生産者は「加工用みかんは規格外ではあるが、大切に育て美味しい蒲郡みかん。無駄にすることなく農業者所得の向上につながれば嬉しい」と話しました。

2021-01-04T10:14:10+00:002021/01/04|

12月~ 甘さたっぷり!「箱入娘」販売開始! 

蒲郡みかん「箱入娘」の出荷が始まり、グリーンセンター蒲郡では販売を楽しみにしていた利用者が来店し、離れて暮らす家族や友人に贈るため、みかん宅配コーナーに箱を抱えて並ぶ姿が見られました。販売期間は12月中下旬までの期間限定の蒲郡みかんです。
甘さたっぷりで果肉が濃厚でコクがあり、内袋が薄いのが特徴。外観も良く、お歳暮や贈答品として好評で人気が高いブランドみかんです。今年度も例年通りの美味しさに仕上がりました。

2021-01-04T10:11:31+00:002021/01/04|

11/25 蒲郡みかん援農者募集 収穫体験実施

営農販売部は、蒲郡みかんの農作業労働力不足を補うため、収穫体験を開催し援農者を募集しました。
収穫体験には19名が参加。JA職員は「今回の収穫体験で農業の魅力を感じていただき、援農者として1人でも多くの方に協力していただきたい」とあいさつし、あわせて無料職業紹介所の案内も行いました。
圃場での収穫体験では、JA職員から収穫時の注意点を聞いた後、グループに分かれて取り組みました。参加者は「農家さんの苦労の一端を垣間見ることができ、少しでもお役に立ちたいという気持ちになった」と話しました。

2021-01-04T10:05:24+00:002021/01/04|

12月 蒲郡みかん 出荷最盛期!

蒲郡の特産である蒲郡みかん(品種:宮川早生)の出荷が10月下旬から始まり、12月上旬には1日あたりの出荷量が140㌧を超え、最盛期を迎えました。宮川早生は、内皮が柔らかく、果肉は甘さの中に程よい酸味が口の中に広がります。
今年産は、夏場の台風も少なく天候に恵まれ、販売量も昨年より増えました。販売は1月上旬頃までで、中京地区を中心に京浜・東北地方へも出荷しました。

2021-01-04T10:06:45+00:002021/01/04|

11/13 蒲郡市の空き家に関する協定を締結

JA蒲郡市は、蒲郡市における空き家等の対策に関する協定を蒲郡市と締結。蒲郡市では、各部が連携し平成30年度に団体を発足。昨年7月に対策計画を策定しました。
締結式には、当JAの他に愛知県弁護士会や蒲郡信用金庫などの団体が参加し、蒲郡市長は「空き家対策は、市民の安全・安心な暮らしにとても重要」と話し、鈴木組合長は「当JAの資産管理センターには、組合員から空き家等の相談が寄せられている。市と協力し、安全・安心な町づくりの手伝いをしていきたい」と話しました。

2020-11-30T15:51:29+00:002020/12/01|