ichikawa

About ichikawa

This author has not yet filled in any details.
So far ichikawa has created 126 blog entries.

12/7 蒲郡市長へ表敬訪問 「箱入娘」をPR

 

営農販売部は、蒲郡みかんをPRするため、内田柑橘組合長と蒲郡市役所を訪問し、鈴木寿明蒲郡市長へ蒲郡みかん「箱入娘」を手渡しました。
内田柑橘組合長は「今年も生産者の努力により、美味しく仕上がりました。多くの人に知っていただけるよう、ご協力ください」とお願いし、鈴木市長は「知名度の向上に向けて、お手伝いをしていきたい」と話しました。
なお、箱入娘は12月17日をもって、今年度産の出荷を終了しており、1月上旬からは「青島みかん」、「せとか」の出荷を予定しています。

2020-01-06T13:38:53+00:002020/01/06|

12/7 農大祭で蒲郡産農産物を販促

岡崎市の農業大学校で行われた農大祭にJA蒲郡市も出店。蒲郡みかんとイチゴの販売ブースを設置し、販売促進を行いました。大人気の「みかんの詰め放題」は行列ができるほど。来場者は、袋に詰める際のポイントを職員に聞きながら、蒲郡みかんをビニール袋いっぱいに詰め「美味しいみかんを家族と一緒に食べたい」と笑顔で話しました。
担当職員は「毎年リピーターとしてお見えになるお客様もおり、とても嬉しいです」と話し、大変賑ったイベントとなりました。

2020-01-06T13:37:05+00:002020/01/06|

「不動産セミナー」開催のご案内

○開催日:令和2年2月19日(水)午後1時30分~4時30分(予定)
○会 場:JA蒲郡市 本館3F 大会議室
○テーマ:「相続税の仕組みがわからないから悩むのだ」
「都市計画ってなーに?」
○定 員:50名

参加費は無料。詳しくは折込チラシをご覧ください。
どなたでもお気軽にご参加できますので、ぜひお申し込み下さい。

★お申込み 資産管理センター ℡68-8625

2020-01-06T10:18:09+00:002020/01/06|

12/12

 

小菊栽培研修会の圃場実習を行いました。
講師は、親株管理について説明し「現状は、枯渇している親株はほとんど見られないため、問題はない」と話すと、研修生は「厳寒期を迎えるが、引き続きしっかり管理していきたい」と意気込みを述べました。
この日は、冬至芽(うど芽)が大きく育つよう、古い株を取り除き、株元への土寄せと畝の除草を行いました。
※現在、2期生を募集しています。

2020-01-06T09:29:06+00:002020/01/06|

12/10 ホウレンソウの栽培管理とハクサイ・ダイコン・キャベツの収穫を学ぶ

令和元年度最後の野菜栽培講習会を開催しました。
受講生は、はじめにグリーンセンター蒲郡の産直コーナーを見学しました。職員が「産直部会へ入会して栽培した野菜をぜひ出荷して欲しい」と呼びかけ、部会の概要や加入方法を説明しました。
その後、圃場へ移動して長屋俊英さんの指導のもと、ホウレンソウの間引きと追肥、ハクサイの防寒対策として、ポリひもを用いた施工方法を学びました。
受講生はハクサイをはじめ、ダイコンやキャベツの収穫方法について説明を受けると「収穫はこれまでの努力が報われるとき。今から楽しみです」と、待ち遠しそうに話しました。

2020-01-06T09:26:52+00:002020/01/06|

12/12 蒲郡みかんを使ったジャム作り

生活文化講座「みかんジャム作り」を開催しました。
生活指導センター職員が講師となり「みかんジャム」と「みかんのババロア」作りに挑戦。ミキサーを使い、細かくした早生みかんを煮詰め、1時間ほどかけてジャムを作りました。参加者は、完成したジャムをみかんババロアにかけて食べ「甘味と酸味がちょうど良い。さっぱり爽やかな風味」と好評でした。
職員はみかんの栄養と効能について「発がん物質の抑制や血管を健康に保ち、老化を防ぐ効果があります。手軽にビタミンを摂取できるのが魅力です」と紹介。Aコープ・グリーンセンターで蒲郡みかんを購入し、産地ならではの料理を味わって欲しいと呼びかけました。

2020-01-06T09:08:35+00:002020/01/06|

12/5 食物繊維豊富 旬の野菜料理教室

生活文化講座「旬の野菜料理」を開催し、JA愛知厚生連 保健福祉課の梶田奈々子さんが「腸内環境」をテーマに講義と料理教室を開催しました。
梶田講師は「健康長寿者の腸には、ビフィズス菌や酪酸産生菌が非常に多い。食物繊維の積極的な摂取で酪酸産生菌を活性化し、ヨーグルトなどでビフィズス菌を増やしましょう」と呼びかけました。
参加した21名はれんこんやごぼう、さつまいもを使用した食物繊維がたくさん摂れる料理4品に挑戦しました。梶田講師は「このレシピで一日に摂取すべき野菜の半分が摂れます」と料理のポイントを話しました。
参加者は「野菜がたくさん摂れて嬉しい。どれも美味しい、家族にも作ってあげたい」と話していました。

2020-01-06T09:06:21+00:002020/01/06|

12/7 食農探検「じねんじょ隊」

食農親子講座『食農探検「じねんじょ隊」』を開催し、6組13名の家族が参加しました。
はじめに、JA職員が「食」と「農」の大切さを伝え「地域農業を応援しましょう」と、地産地消の大切さを話しました。
続いて、自然薯を栽培する清水芳卓さんから「自然薯は収穫まで約2年かかります。肌が白く、すりおろすと強い粘りが特徴の品種です」と説明を聞き、参加者はJA職員が事前に用意した自然薯を使った「かるかん」と、清水部会長がすりおろした自然薯をとろろご飯にして味わいました。
会場を栽培圃場に移すと、収穫方法を見学。「育て方や収穫の仕方を、実際に子どもが見られる機会は魅力的」と話す親と「こんなに長い自然薯は初めて見た」と嬉しそうな子どもの姿が見えました。

2020-01-06T09:03:47+00:002020/01/06|

11/25 クリスマス・お正月を華やかに 寄せ植えに挑戦

生活文化講座「ガーデニング(寄せ植え)」を塩津生活センターで開催し、16名が参加しました。
グリーンセンター職員が講師となり、土作りや見栄えの良い寄せ植えの方法をアドバイス。参加者はエリカやハボタンなど6種類を植え込みました。
職員は「完成後はたっぷりと水を与え、適宜肥料を与えてください」と今後の管理について説明すると、参加者は完成した寄せ植えを「毎年参加している。いつも素敵な花で嬉しい」と話ながら大切に持ち帰りました。

2020-01-06T09:01:18+00:002020/01/06|

11/4~11/29 ラジオで蒲郡をPR

蒲郡みかん「箱入娘」の収穫・出荷の最盛期に向けてラジオ各局でPR活動を行いました。
11月4日から毎週月曜日(計4回)に、東海ラジオ「小島一宏 モーニングッド!」の番組内で蒲郡みかんをPRするため、生産者の大森広美さん、内田和代さん、羽賀詩子さんと営農販売部職員がスタジオで収録を行いました。出演した生産者の3名は、女性農家ならではのエピソードに加え「程よい酸味と甘みがあって美味しい蒲郡みかんをどうぞ」とPRしました。
また、11月29日に柑橘同志会長の新井伸幸さんがCBCラジオ「つボイノリオの聞けば聞くほど」に出演、12月5日には、同志会の尾崎純嗣さんが出演し、「厳しい基準に合格した、甘くて美味しい箱入娘をぜひどうぞ」とリスナーに呼びかけました。

2020-01-06T08:58:40+00:002020/01/06|