ホームホームJA蒲郡市の概要JA蒲郡市の概要エリアマップエリアマップお問い合せお問い合せ

HOME > 私たちが作っています

私たちが作っています!!

尾崎 宗一(おざき そういち)さん

作業の効率化と省力化でこの先も栽培を!アグリパワーIMG_2975.JPG 高校卒業と同時に18歳で就農し、両親のみかん栽培を手伝いはじめました。現在は妻と2人で、ハウスみかん30a・露地みかん170aを栽培しています。
 露地みかんは品種を「早生」に統一しています。品種を増やせば、剪定・施肥・摘果など品種ごとに栽培管理は煩雑になります。品種を絞り込むことで作業の効率化とコストの低減に努めています。
 また、古くなったみかんの樹を新しい樹に植え替える改植を行っています。歴史の移り変わりをずっと見届けてきた古い樹は、樹齢40年を越えています。私たち夫婦も年齢を重ねるにつれ、収穫時のコンテナ運搬が大変になるだろうと考え、ほ場の奥まで軽トラックで乗り入れてコンテナが積み込めるよう、新しい樹は通路を広く取って植えるようにしています。
 若者のフルーツ離れや、贈答品を購入する習慣が無くなってきていると聞きます。みかん農家には耳が痛い話ですが、私たちは美味しいみかんを作り続けます。JAには蒲郡みかんのPRと、果物に対する正しい理解、そして栄養豊富な果物を食べる習慣など「食育」を期待しています。
 作業の効率化と省力化を工夫して妻とみかん栽培が続け、蒲郡みかんの将来を新しい樹とともに見届けて行きたいですね。