ホームホームJA蒲郡市の概要JA蒲郡市の概要エリアマップエリアマップお問い合せお問い合せ

contents-billboard-news.tif

|管内ニュース|

HOME > 管内ニュース

管内ニュース

2月16日~17日
蒲郡の農水産物が勢揃い!
第38回 農林水産まつり&食育フェスタ

 当JAが協賛する「農林水産まつり」がボートレース蒲郡で開催されました。会場では、みかんやイチゴ、産直野菜、生花などを販売し、両日とも多くの人で賑わいました。

大盛況のみかん販売大盛況のみかん販売【柑橘同志会】みかん販売
 同志会は、今が旬の中晩柑「せとか」「はるみ」「麗紅」の3品種はじめ、旬のみかんを販売しました。来場者は「多くの品種があることに驚いた。食べ比べて自分好みのみかんを見つけたい」と買い求めていました。







みかんつかみ取りみかんつかみ取り【柑橘同志会】みかんのつかみ取り
 中央ステージでは、柑橘同志会がみかんのつかみ取りを実施しました。日本みかん農協のキャラクター「みーたん」も応援!大きく手を広げて、たくさんのみかんをつかもうと来場者でにぎわいました。







大当たり!!大当たり!!【苺部会】くじ引き
 苺部会は、人気のくじ引きを実施。当たりが出たらイチゴ1パックという豪華なプレゼントに長蛇の列ができました。残念賞はイチゴを1粒試食。当たりもハズレも、どちらも「美味しい」と大好評でした。






落花生のつかみ取り落花生のつかみ取り【産直部会】落花生つかみ取り
 産直部会は、落花生のつかみ取りを実施したほか、ダイコンやハクサイ、ホウレンソウなど、新鮮で取れたての旬の野菜を販売しました。落花生のつかみ取りに参加した来場者は「ひとつでも多く取りたいと思い、真剣になっちゃった」と話していました。






子ども達が杵を持って餅つき子ども達が杵を持って餅つき【JA青年部】子ども餅つき体験
 JA青年部は杵と臼を用意し、子ども達と一緒に「餅つき体験」を行いました。つき上がった餅は、きな粉餅などにして来場者に振舞い「柔らかくて美味しい」と好評でした。








多くの方が生花を買い求めました多くの方が生花を買い求めました【花き生産振興協議会】生花販売
 花き協議会は、菊・洋花などを販売。来場者は「ピンとして、色がきれいな花が安く購入できる。日持ちもいいですよ」と、品質の良い切り花は大人気でした。








終日満員の饅頭バイキング終日満員の饅頭バイキング【Aコープかたはら】饅頭バイキング
 Aコープかたはらは、みたらし団子や人気の饅頭バイキングを実施。
 数種類の饅頭から好みの物を選ぶ来場者で賑わいました。







分つきのごはんを食べ比べ分つきのごはんを食べ比べ【食育フェスタ】分つき米の食べ比べ
 食育フェスタでは、JAの食農教育の一環として分つき米の食べ比べを行い、その魅力をPRしました。
 JAの店舗で取り扱う「作手産ミネアサヒ」を、8分、6分、4分に精米し、RO水で炊き上げたごはんを試食しました。来場者は「分つき米を初めて食べたが、香りや味わいに感動しました」と2日間とも大盛況でした。






大鍋振舞い大鍋振舞い【大鍋振舞い】豚汁の振舞い
 17日(日)には手作り味噌と産直野菜を使った「豚汁」が大鍋振舞いに登場!出汁からこだわり抜いた豚汁は「体が温まる」と行列ができました。
 振舞いを行ったJA職員は「蒲郡の農業応援」を呼び掛けながら振舞いました。







新商品の発表会新商品の発表会【サンベリー蒲郡イチゴを使った新商品】初のお披露目会
 営農企画課は、中央ステージでサンベリー蒲郡イチゴを使った新商品を3種類発表しました。
 どれもイチゴの味と香りが生かされた商品で、販売ブースでも多くの人が買い求めました。新商品は、Aコープがたはらとグリーンセンター蒲郡にて購入できます。

2月15日
高品質な農産物が揃う品評会

 農林水産まつりに先立ち、農産物の品評会が開催され、温州みかんの部22点、中晩柑の部35点、いちごの部27点が出品されました。
 優秀賞の受賞者は以下の通りです。
 おめでとうございます。(敬称略)

■優秀賞 愛知県知事賞
 ・温州みかんの部 山本高裕
 ・いちごの部 高橋嘉隆

■優秀賞 愛知県議会議長省
 ・温州みかんの部 兼子英一
 ・中晩柑の部 山本昭二

1月31日
地域に必要とされるJAへ
小学校で味噌作りの出前授業

味噌づくりに挑戦味噌づくりに挑戦 西浦小学校から依頼を受け、生活指導センターが講師となり、5年生47名を対象とした味噌づくりの出前授業を行いました。
 はじめに、教師が味噌作りの材料や工程を説明。その後児童は班に別れ、JA職員の手ほどきを受けながら仕込みました。今回は麦麹・米麹を使ったミックス味噌を作り、秋ごろまで発酵させます。出来上がった味噌は、家庭科の授業で使用したり、児童が各家庭に持り帰る予定です。
 家庭科担当の鈴木さつき先生は「味噌は日本の伝統調味料。心を込め、時間を掛けて作ることで、食への関心を高めてほしい」と話し、JA職員は「大豆は栄養素が豊富。しっかり食べて健康な体を作ってください」呼びかけました。

top-guide_01.gif

service-lineup-title_01.png

service-lineup-title_02.png

cursor01.png事業案内
cursor01.png共済掛金シミュレーション
「ひと」の保障(共済連HPへ)
「いえ」の保障(共済連HPへ)
「くるま」の保障(共済連HPへ)

service-lineup-title_03.png

service-lineup-title_06.png

service-lineup-title_05.png

service-lineup-title_07.png

service-lineup-title_09.png

service-lineup-title_08.png

service-lineup-title_10.png

top-guide_02.gif

side-info-icon-simple_01.gifside-info-icon-simple_01.gifside-info-icon-simple_02.gifside-info-icon-simple_02.gif_side-info-icon-simple_03.jpg_side-info-icon-simple_03.jpg農作業パートの募集2.jpg農作業パートの募集2.jpgside-info-icon-simple_04.gifside-info-icon-simple_04.gif

nousanbutu-banner_01.pngnousanbutu-banner_02.pngnousanbutu-banner_02.pngnousanbutu-banner_03.pngnousanbutu-banner_03.pngnousanbutu-banner_04.pngnousanbutu-banner_04.pngnousanbutu-banner_05.pngnousanbutu-banner_05.pngnousanbutu-banner_06.pngnousanbutu-banner_06.pngnousanbutu-banner_07.pngnousanbutu-banner_07.pngnousanbutu-banner_08.pngnousanbutu-banner_08.pngnousanbutu-banner_09.png

とれたてプレゼントとれたてプレゼントnougyou-banner_01.pngnougyou-banner_02.pngnougyou-banner_02.pngnougyou-banner_03.pngnougyou-banner_03.pngshop-banner_01.pngshop-banner_02.pngshop-banner_02.pngshop-banner_03.pngshop-banner_03.png

蒲郡いいところめぐり蒲郡いいところめぐり