ホームホームJA蒲郡市の概要JA蒲郡市の概要エリアマップエリアマップお問い合せお問い合せ

contents-billboard-news.tif

|管内ニュース|

HOME > 管内ニュース

管内ニュース

6月29日
新たな顔ぶれで 指定市場懇談会を開催

あいさつをする鈴木組合長あいさつをする鈴木組合長 JA蒲郡市、蒲郡柑橘組合ともに役員改選を終え、販売部は指定市場17社の代表者を招き、蒲郡みかん指定市場懇談会を開催しました。3年に1度となる同懇談会には、市場代表者のほか、JA役職員、柑橘役員など36名が出席。
 鈴木組合長は「当JAでは、農業経営支援ツールICT導入支援などを行い、平成31年度には柑橘販売金額を35億円にできるよう取り組んでいます。今後とも『蒲郡みかん』産地の維持発展にお力添えいただきたい」と挨拶しました。
 また、内田柑橘組合長は「JAとともに『柑橘品目における中期的施策』に基づき、魅力ある柑橘経営および組合員の所得向上を目指しています。蒲郡ブランドの高値販売、拡大販売をお願いしたい」と市場代表者に要望しました。
 さらに、大場経済担当常務はJAについてより理解を深めていただくため、JA蒲郡市の新長期構想及び自己改革についての具体策と取り組み状況を説明しました。
 東京青果(株)川田社長は「JAの自己改革と同様、卸売市場法の抜本的改革を迫られている。産地との結びつきを強め、親しく情報交換をすることでお互いを知るすばらしい懇談会でした」と話しました。

7月6日
愛知県議会に蒲郡温室みかんをPR

蒲郡温室みかんをPR蒲郡温室みかんをPR 販売部は、地元選出の飛田常年県議会議員と内田柑橘組合長とともに愛知県議会に出向き、自由民主党愛知県議員団へ蒲郡温室みかんのPRを行いました。
 内田柑橘組合長は「今年も美味しく仕上がっております。ご賞味ください」と蒲郡温室みかんを贈りました。
 また、飛田県議から神戸洋美団長、石井芳樹幹事長、川嶋太郎政調会長らに「贈答にぜひご利用ください」とPRしてくださいました。



7月9日
葬儀の疑問を解消 葬祭セミナーを開催

葬儀の流れについて学ぶ参加者葬儀の流れについて学ぶ参加者 やすらぎセンターは、はなホールにて葬祭セミナーを開催し、25名が参加しました。同センター職員が「もしもの時の手順と段取り」「お葬式の費用」などについて説明。今号の特集にも掲載しましたとおり、やすらぎセンターでは7月1日よりお棺、遺影写真、受付・焼香設備などが盛り込まれたセットプランのサービスを開始しました。担当職員は「蒲郡市の霊柩車は3月末を以って廃止されましたが、霊柩車を含むプランもご用意しております」と説明しました。
 セミナー後の個別相談には7組が参加。施設の見学、祭壇・葬具・返礼品の展示も併せて行いました。

6月28日、7月4~6・11~14日
財産を遺す方、受け継ぐ方の不安を解消
相続個別相談会を開く

相談に応じる担当職員相談に応じる担当職員 6月28日から支店ごとに「相続に関する個別相談会」を開催し、8日間で29組の相談がありました。
 「相続税がどれくらいかかるか知りたい」「相続人の関係が複雑で、モメるのが心配だ」など相続に関する不安や疑問に総務組合員課と支店職員が応じました。
 担当職員は「財産を遺す方、受け継ぐ方、それぞれに不安や悩みがあります。お気軽にご相談ください」と話し、農業承継に関することや相続税の概算計算、納税資金の準備等から土地活用まで幅広い相談に応じるとともに、事前対策の重要性を呼び掛けました。



7月19日
脳の健康は体の健康から 認知症予防教室を開催

認知症予防教室を開催認知症予防教室を開催 生活指導センターは認知症予防を目的に、7月から翌年3月まで「認知症予防教室」を開催し12名が参加しています。
 はじめに、講師を務める愛知県厚生連保健福祉課の保健師が“認知症予防虎の巻”と称した3つのポイントを紹介。
~認知症予防 虎の巻~
その1 脳の健康は体の健康から
その2 活動的なライフスタイル
その3 健康的な食生活

 “認知症予防虎の巻”の極意として、全9回の各教室で「食生活を整えよう」「運動で認知症予防」などのテーマごとに伝授されます。
 7月19日に行われた第2回の教室では「自分の健康把握 これからを考えよう」と題し、健康診断の大切さについて学びました。また、参加者は教室がはじまる前に各自で血圧を測定して記録。講師は「血圧は日常の健康状態を 知るうえでも大切です」と話し、高血圧の基準や家庭血圧の測定ポイントについて説明しました。
 講師の話に大きくうなずきながら、真剣にメモ取る姿も見られ、参加者は「75歳まで車の運転をしていたい」「孫の結婚式に出て、ひ孫の面倒をみたい」など10年後の自分を想像し、肉体的にも、精神的にも、社会的にも満たされた状態にある「健康」の維持には日頃の生活習慣が大切であることを学びました。
 参加者は「認知症や介護に対して暗いイメージがあったが、参加してみるととても楽しく、他の参加者と体操をしたり、笑うことで脳の刺激にもなる」と話し、家にこもらず健康寿命の延ばすきっかけにしたいと笑顔で話しました。



7月14・15日
夏のガス器具展示会を開く

コンロの説明を聞く来場者コンロの説明を聞く来場者 ホームエネルギーセンターが「夏のガス器具展示会」を開催しました。
 会場には、ビルトインコンロやテーブルコンロなどのコンロを中心に、キャンペーン商品を多数展示。来場者から、ガス器具の相談を受けるとともに「買い替えのチャンスです」と呼び掛けました。

7月21日
農地に関する地区会議を開催

区農地について話し合う参加者地区農地について話し合う参加者 農地センターは平成28年度から3年間にわたり、農地に関する地区会議を町別(19地区)に開催しています。7月末現在6地区で開催し、延べ97名の参加をいただきました。会議では、蒲郡市の農業の現状、地域営農ビジョンの実践内容、農地集積方法、地区農地の課題と方向性について説明するとともに、地区農地のあり方や有効活用について話し合いを行いました。