ホームホームJA蒲郡市の概要JA蒲郡市の概要エリアマップエリアマップお問い合せお問い合せ

HOME > 管内の農産物「輪菊」

nousanbutu-tit-mum.ai
JA蒲郡市菊部会オレンGマム。
今後とも、皆様の鼓膜を刺激いたします。

ユーザーに喜ばれる輪菊を…


それまで個人で出荷、販売されていた輪菊生産者が、平成12年10月に新たに共同選別、共同販売体制を基に結成されたJA蒲郡市菊部会、その名も『オレンGマム』。今後とも皆様の鼓膜を刺激致します。

JA蒲郡市菊部会“オレンGマム”

mamu02.jpg蒲郡と聞くとどうしても“みかん”のイメージが強いのですが、実は輪菊も古くから栽培されていました。
過去は個人単位で出荷しており、各市場で非常に高い評価を得ていましたが、より良い輪菊を消費者に届けたいという生産者の想いから、平成12年10月に新たに共同選別、共同販売の道を歩むことになりました。
部会員数は少ないですが、その分少数精鋭で品質には自信があります。

mamu01.jpg

◆輪菊部会「オレンGマム」 (平成29年4月現在)

部会員数 合計面積 栽培品種 主な出荷先市場
主な部会活動
 3名 1.1 ha ■秋菊
「神馬」「精興光玉」
■夏菊
「岩の白扇」「精の枕」
世田谷花き市場
なにわ花いちば
通常総会:5月
市場視察:年2回
先進地視察:年2回
全体会議:各月1回
圃場巡回・栽培研究会:年5回

オレンGマムの由来


mamu05.jpg『オレンGマム』とは、一般公募によって決定された名前です。なぜ「オレンジマム」ではなく、『オレンGマム』なのでしょう?
それには、深い意味があります。
“G”マークには、

・GAMAGORIの“G”
・良い商品を生産 GOODの“G”
・更に昇りつめるように願いを込めた
      GREATの“G”

など、いろんな願いを込めた“G”なのです。菊産地の『オレンGマム』の活躍を今後もお楽しみに!!