ホームホームJA蒲郡市の概要JA蒲郡市の概要エリアマップエリアマップお問い合せお問い合せ

HOME > 管内の農産物「みかん」 > みかんの豆知識

nousanbutu-tit-mikan03.png
甘いだけではうまいと言わない!
日本一の消費量を誇る人気の果実、みかん。
みかんをもっと楽しむ豆知識を紹介します。

  美味しいみかんの見分け方


より美味しいみかんは…

mikan_point.gif  みかんが好まれる理由の一つに「程よい酸味と甘味が一体で作り出すハーモニー」が長年好評を頂いている理由です。更に欲を言う貴方の為にこっそりお教しえしましょう。
 この三拍子がそろっていれば言うことなし!ぜひ参考にしてください。

  ワンポイント「食」


美味しく保存

 箱に入って販売されていたみかんは、箱の下に入っているみかんが上のみかんの重さで押しつぶされています。買ったら箱をそっとひっくり返して下に入っていたみかんから食べましょう。箱をひっくり返したり、移動する時はそっと扱ってください。
 常温で保存する場合は、家の中の比較的温度の低い、乾燥したところに箱に入れたままか、新聞紙の上に並べて保存しましょう。長く保存しなければならない時は、新聞紙にくるんで冷蔵庫に入れると比較的長く保存できます。ただし、酸素を供給するために時々新聞紙を開きましょう。その時、腐敗果を見つけたらすぐに取り除いてください。

  徹底検証! みかんPOWER


こんなに凄いみかんの力

mikan_mame03.jpg
 みかんのビタミンCの含有量は100g当たりおよそ35mgで、有名なレモンに比べるとやや少なめです。しかしビタミンCは大変壊れやすい性質で、熱はもちろん、水洗いするだけで壊れてしまう厄介もの。また空気に触れている時間が長いほど酸化が進み、壊れてしまう性質も持っています。レモンを洗わずに食べるのも辛いし、そのままかじるのは避けたいものですよね。輪切りにして紅茶に入れようとしても、ビタミンCは飲む前から壊れてしまい、さらに入れた瞬間からもっと壊れていしまいます。
 そこで登場するのがみかんです。みかんは皮をむき、内袋のまま食べることができるので、口の中まで内袋がガードしビタミンCが壊れるのを防いでくれます。ということは丸々ビタミンCを摂取することができるのです。お肌の為にもビタミンCを摂取するのは大事なこと。今日からぜひみかんを食べましょう。

β-クリプトキサンチン
みかんに含まれるβ-クリプトキサンチンには、発ガン抑制、骨代謝、脂質代謝に関わる重要な遺伝子の発現を促進したり、抑制するほか、活性酸素を産生して生じる飲酒、喫煙などの害を抗酸化物質として抑制する効果があると言われています。