ホームホームJA蒲郡市の概要JA蒲郡市の概要エリアマップエリアマップお問い合せお問い合せ

HOME > 管内の農産物「みかん」 > 今頃の蒲郡みかんはこんな感じ

爽やかな酸味、上質な甘味 この地が生んだ最上級の果物 蒲郡みかん
三河湾の暖かな潮風と、豊かな自然を育む大地をもつ
この地だから生まれた美味しい「蒲郡みかん」。
ぜひ、皆様もご家庭で味わってみてください。

今頃のみかんはこんな感じ


『初もの 出荷間近!』』

今頃の蒲郡みかんの様子
まだまだ寒い日が続いていますが、蒲郡から皆さんへ朗報!
世に名高い『蒲郡温室みかん』の初ものが、もうすぐ出荷されます。
見てください!
より早く皆様のお手元に届けるために、栽培者が日々努力してきたこの果実。
今から次第に色づきだして、甘みたっぷり、今年も美味しい果実となっています。
出荷までもう少し、首を長くしてお待ち下さい。

温室みかんNo1 みかんの里「蒲郡」


mikan_photo02.jpg蒲郡でみかんの栽培が開始されたのは明治の初めで、昭和に入ってから本格化しました。温室みかんにおいては、昭和48年から始まり、現在に至っています。
蒲郡温室みかんの特徴は、品種を宮川早生に統一し、高い糖度と程よい酸味を兼ね備えたみかんの中のみかんです。
更に地温冷却栽培法(※1)を導入した結果、4月上旬から出荷し始め、9月下旬までの期間途切れることなく美味しい温室みかんを供給できる体制を整えています。
※1:地温冷却栽培法とは、土を冷やして、木に冬が来たと思わせ花を早く咲かせる栽培法です。

◆蒲郡市農協柑橘部会(名称:蒲郡柑橘組合)
 組合員数:556人(H28年4月現在)

種類 露地みかん
温室みかん
戸数 556名
106名
面積 286.8ha
30.9ha
出荷時期 10月上旬~3月中旬
4月中旬~9月下旬

一方、露地みかんの出荷は10月上旬~3月中旬となっており、温室みかんとあわせて一年中消費者に美味しいみかんを供給しています。

蒲郡の生産者は、一流ブランド産地としてのプライドと、食べた方の微笑んだ顔が美味しいみかん栽培の糧となり、より糖度の高い、高品質なみかん栽培を心がけております。

地域ブランドに認定!! 蒲郡みかん
特許庁が認可する地域団体商標(地域ブランド)に、「蒲郡みかん」が県内農産物で初めて登録されました。
同商標は、産業競争力の強化と地域経済の活性化を支援することを目的として、平成18年4月に導入された商標制度です。県内では「三河木綿」(三河織物協同組合)「豊橋筆」(豊橋筆振興協同組合)「常滑焼」(とこなめ焼協同組合)などに次いで8件目となります。
19年7月に申請し、20年6月13日に登録されました(登録番号:5140387号)。
今後も、蒲郡みかんのブランドを適切に保護・活用することにより、競争力の強化を図っていきます。