ホームホームJA蒲郡市の概要JA蒲郡市の概要エリアマップエリアマップお問い合せお問い合せ

contents-billboard-生活文化講座.tif

HOME > 生活文化活動

生活文化活動

2月3日・11日
手作りで安全・安心! 味噌作り

材料を仕込む参加者材料を仕込む参加者 生活指導センターは2月3日、職員が講師となり「味噌作り」講座を開催しました。講座に参加した22名は、米こうじ、麦こうじ、煮大豆でミックス味噌を作りました。はじめに参加者は、大きなタライで混ぜ合わせた材料をソフトボール大に丸めると、講師職員が容器へ空気が入らないように投げつけて仕込む様子を披露。参加者はその勢いに驚きながらも「ストレス発散になる」と笑いながら、次々と材料をたたきつけるように仕込みました。
 完成した約9㎏の味噌は風通しの良い涼しい場所で保存し約1年かけて熟成。講師職員は、手作りの風味を楽しめるだけでなく、発酵食品は体に良いと説明。参加者は「毎日食べる米と味噌は安全で美味しく食べることができるものが良い」と話しました。
 「味噌作り」は毎年人気の講座。今後も組合員とともに日本古来の食生活や食文化を守り、食の安全について考えるきっかけとなるこの講座を続けていきたいと講師職員は話しました。
 また、2月11日には、Aコープでも同講座を開催し17名が参加しました。

2月25日
食育探検隊が親子でみかんジャム作りに挑戦!

ジャムをかきまぜる子供たちジャムをかきまぜる子供たち 蒲郡の農産物について学ぶ親子限定の食農教室「食育探検 隊みかん隊」を開きました。
 「みかん隊」には、親子6組17名が参加。参加者は、樹熟デコポン®の園地を見学した後、塩津生活センターでデコポンやせとか、はるかなど6種類のみかんの食べ比べをし「食べ比べると味の違いがよく分かる。食べたことのないみかんを味わえてよかった」と大満足の様子でした。
 また、生活指導センター職員がみかんジャムの作り方を説明し「家にたくさんみかんがある時に、ぜひ作ってみたい」と、参加者は作り方のコツを学びました。

2月15
ゴキブリ撃退!ホウ酸団子作り

材料を混ぜる参加者材料を混ぜる参加者 生活指導センターは、生活文化講座「ゴキブリ団子」を塩津生活センターで開催し、17名が参加しました。「ゴキブリ団子」は、ゴキブリの好物である小麦粉や砂糖、玉ねぎなどにホウ酸を混ぜて作った団子です。
 ゴキブリがこの団子を食べると、ホウ酸が体内に蓄積され、脱水症状を起こして死ぬという効果があります。ジメジメとした暗い場所を好むゴキブリは、湿気が多く気温も高い梅雨から夏にかけて繁殖します。講師職員は「今のうちからホウ酸団子を作り、キッチンのシンク下などゴキブリが現れやすい場所に設置しておくことで、ゴキブリの発生を防ぎましょう」と話しました。
 参加者からは「用途に合わせて自分の好きな大きさに作ることができて便利です」と好評でした。